企画講座の様子より



ハンス・ウルリヒ・シュムッツ氏連続講演会
「地球進化の歴史と人類」


2004年5月
2004年の春に行なった企画講座です。
広島大学に赴任していたシュムッツ氏がドイツに帰国なさると聞いてあわてて企画したため、充分な告知ができないままに行なうことになりました。しかし貴重な機会を逸してはもったいない、ということで賛助会員のみなさんにも呼びかけたところ、全国から多数の参加を得ました。赤字にならずによかった(苦笑)。
ここでは記録写真と告知資料を掲載しています。
写真に写っているのがシュムッツ氏。四枚目には通訳を努めたらせん教室の井手講師も写っています。
地球は生きているのか? という問いから始まり、生命の証となる指標が地球にもあてはまる様子が次々に指摘されていきました。少なくとも単なる「物」以上のダイナミックな動きがあることを、参加者それぞれが感じさせられたことと思います。
ハンス・シュムッツ

ハンス・シュムッツ

ハンス・シュムッツ

ハンス・シュムッツ

ハンス・シュムッツ