50.jpg

定期講座の会場近くの室見川



50 年の始めに

今年最初の定期講座からさきほど戻って来ました。

今日は年の最初にあたり、らせん教室のモットーというか、スタンスがあらためて確認されました。
そして「やっぱり平易な言葉を使ってやるようにしよう」ということを、強く再確認しました。
難かしい用語を噛み砕くことができること、それ自体がひとつの「練習」です。「中学生に伝わるように」ということを忘れないようにしたいと思います。


*2007年度版『らせん教室通信』刊行の遅れについてはこちらをごらんください。

2008/01/16 17:10:12