36.jpg

鴨の波紋・2



36 昨日の定期講座/反射の実験

昨日のらせん教室では、反射の実験が行なわれました.

ハーフミラーを使い、こちら側を映しながら相手側も透かし見る状況をつくり、その中で両側の明るさのバランスを変え、そこに映る像の変化を確かめました.

鏡がもつ独特の、どこか不思議な世界を感じさせられると同時に、日常生活での私たちのものの見方との並行性に、あらためて考えを向けさせられました.

泉にも例えられるようですが、鏡には異世界への入り口という象徴性があります.こうした魔術的な世界は現代では駆逐されていると思われていますが、その実日常的な認識の中に深く折り込まれているのかも知れないと思います.


ともあれらせん教室はこれで9月までお休みです.
井手さん、参加者の皆さん、おつかれさまでした.
後期も楽しみにしています.

この雑記は休み中もマイペースで続ける予定です.
後期のお知らせもしていきますので、時折ご覧になってみてください.

2007/07/19 15:26:08