28.jpg

朝の風景



28 言葉との出会い

会話をしながら歩いている人たちとすれちがったり、追いこされたりする時、妙に会話の一部が響いてくることがないでしょうか?

単に声が大きく聞こえると言うよりは、自分のなかの一段深いところに響いてしまう感じです.
これは誰かと向かい合って意識して話しているときには味わえない感覚で、言葉の意味自体は他愛も無いものであっても、しばらく気になってしまうことがあります.ぼんやりしているところに突然入ってくるからかも知れませんね。

こういう奇妙な感覚を伴う出会いは、物や人についても時折あるような気もするのですが、言葉の場合は本当に妙な感じがするのです.特に、気になる要素が言葉の意味そのものにはほとんど思い当たらないだけに、不思議でなりません.

ただの気のせい、と言えばそれでおしまいかも知れませんが.

2007/07/05 19:05:02