26.jpg

竹の成長期です



26 植物の身ぶり

竹がすごい勢いで伸びています.
雨など降ると、翌日はまたぐんと伸びていて、動物みたいな動きを感じます.
この時期、そういう身ぶりをみせる植物は竹だけではありませんね.
民家の庭の立ち木の枝も、こぞって上を目指しているのが目立ちます.

植物というものは、地中の水が空へ昇っていく動きをかたちにしたものだ、というような意味のことを、植物学者のボッケミュールさんが述べたといいます.
唐突なようでもありますが、例えば立ち上る煙が規則的な動きをみせるところを見ると、なるほどと感じます。いわゆるカルマン流と言われるものを見ると、これを形象化したものが植物だ、というイメージには、けっこうピンとくるものがあるのです.

そしてまた、それぞれの植物が固有の流れとそのリズムをもっていると思うと、ゲーテの言う「原植物」の指すところも、幾分具体的になってくるような気がします.

2007/06/29 16:13:47